口の周り かぶれ 症状 原因

口の周りのかぶれが酷く薬が必要になる程の症状の原因

スポンサーリンク

小さなお子様の場合には、肌がまだ弱いので色々な所がかぶれたりしますが、大人になってからはあまりかぶれるような機会は減ましたが、口の周りのかぶれなどは酷くなると薬が必要になる程の症状が出る場合がありますので注意が必要になります。

 

【口の周りの特徴】
口の周りは、皮膚がとても薄い上に乾燥しやすくなっております。また、良く動かす部位ですので、どうしても刺激を多く受けてしまうようになっております。その為、顔の中でも特に肌荒れが起きやすい部位になっており、ニキビや湿疹などが出来やすくなっております。

 

【口の周りが乾燥しやすい原因】
顔のなかでも口の近くは元々皮脂の分泌量が少ない上に、よく動くので非常に乾燥しやすくなっております。また、食事などで汚れた時に皮脂も一緒に拭ってしまったり、紫外線などの影響を受けやすいといった事も乾燥の原因になっております。

スポンサーリンク

【薬が必要な肌荒れ】
口の周りのかぶれには薬が必要な物があります。薬が必要な病気として主な物は、口囲皮膚炎、アトピー性皮膚炎、舌なめ皮膚炎、内臓疾患、口角炎、ヘルペス、手足口病などがあります。自然治癒は難しいのでこういった症状が原因の口の周りのかぶれには、しっかりと病院で治療をしてもらってください。

 

口の周りのかぶれには、症状に合わせた薬が必要になります。市販薬もありますが、効果が薄い物もありますので、なるべく早く治したいのであれば、医師から処方された薬を使用するようにしてください。また病気が原因でないのならば、食生活などの生活を改善する事がおすすめです。

 

スポンサーリンク