毛虫 かぶれ ムヒ おすすめ

毛虫に刺されてかぶれた時にはムヒがおすすめ

スポンサーリンク

温かくなっていくにつれて、毛虫を見かける数も増えて行きます。その為、毛虫にさされて肌がかぶれてしまう危険性も増えて行きます。特に小さいお子様などは毛虫の多い場所でも平気で遊んでいますので治し方を事前に確認しておく必要があります。

 

【毛虫にさされてかぶれた時の治し方】
刺されてかぶれてしまった時の治し方は色々な種類がありますが、基本的には初期段階でどれだけ正しい治し方ができるかによって、その後の経過がことなります。基本的には刺された部分をチェックして、毒針毛が刺さっていたらピンセットで抜き取り、流水で洗い流し、刺された部分を冷やします。状況が落ち着いてきたら虫にさされた時に有効な薬を塗布します。

スポンサーリンク

【ムヒは絶対に必需品】
ドラッグストアならどこにでも置いてあると思えるほど大人気のアイテムがムヒです。ムヒと言えば蚊にさされた時というイメージがあるかも知れませんが、実は色々な種類が販売されておりますので、むしさされのかぶれに対応したムヒを選ぶようにしてください。特におすすめなのはステロイドが含まれているムヒアルファEXです。パッケージなどに大きく毛虫のマークがありますのでとてもわかりやすいと思います。

 

小さなお子様の場合には、虫に抵抗がありません。また、危険かどうかの判断もできませんので、どうしても毛虫の毒でかぶれてしまう可能性が高いのですが、応急処置の方法やムヒEXなどを上手に活用する事で、症状が酷くなる前に、しっかりと改善する事ができます。

スポンサーリンク