マスク かぶれ 治し方

マスクでかぶれてしまった時の治し方とは

スポンサーリンク

以外に知られていないかも知れませんが、風邪やインフルエンザの時に着用するマスクによって肌がかぶれてしまう方が増えております。なぜマスクでかぶれてしまうか検討もつかない方のために、原因や治し方をご紹介します。

 

【不織布が原因】
かぶれが起きる原因として考えられているのは、マスク自体のクオリティが低い事です。特にリーズナブルな使い捨ての場合には、不織布という素材が使われていることが多く、この不織布は化学物質の一つですので、肌に刺激を与えてしまうのです。

 

【蒸れやすくなっている】
マスクをしていると蒸れてしまいやすくなっております。蒸れると雑菌などは繁殖しやすい環境になってしまいますので、肌荒れがおきてしまいます。

スポンサーリンク

【マスクかぶれの治し方】
かぶれてしまった時の治し方で最も効果があるのは、マスクを付けない事です。大元の原因を除去することによって、症状を改善する事ができますのでおすすめの治し方になります。風邪などで外す事が出来ない場合には、いつもよりも少し高い物を着用してください。特に敏感肌用の物でしたら、かゆくなりにくいのでおすすめの治し方になります。また、ワセリンなどを薄く塗布すると、マスクからの抵抗を少なくする事ができるのでおすすめです。

 

今回紹介した治し方でも症状が改善されないような場合には、重症化している可能性がありますので、病院へ行き、薬を処方してもらってください。医師の見立てでしっかりとした治し方をする事で症状が劇的に改善されます。

スポンサーリンク