ピアス かぶれ おすすめ 薬

ピアスによってかぶれた時におすすめの薬

スポンサーリンク

夏などの汗をかきやすかったり、日焼けしやすい時期には、ピアスの穴がかぶれてしまったり、化膿してしまったりします。しっかりとケアしなければ、ピアスを付けられなくなってしまいますので、十分に注意する必要があります。

 

【ピアスホールがかぶれる原因とは】
ピアスホールがかぶれる原因として最も多いのが、バイキンが入ってしまい炎症を起こしてしまう事です。ピアスを開けたての時期は、きちんとした穴ではなく、傷口に近い状態です。そんな状態にはバイキンが侵入しやすい状況だと言えます。また、汗や髪の毛、洋服、枕など耳が触れる部分からバイキンが感染してしまうケースがありますので、ピアスホールがかぶれてしまったり、化膿してしまうのです。

スポンサーリンク

【化膿止めなどの薬が効果的】
ピアスホールがかぶれた場合には、ゲンタシン軟膏という薬がおすすめになります。また化膿してしまっているような場合には、リンデロン軟膏という薬がおすすめです。ただし、これらの薬は市販薬ではありませんので、病院で処方してもらう必要があります。薬局などでしたらドルマイシン軟膏やテラマイシン軟膏が手に入りますので代用できます。

 

ホールが完成するまでは、十二分に傷口のケアを行うようにしてください。優しくケアする事で、良い状態をキープする事ができます。マキロンなどで定期的に消毒するだけでも十分に効果が期待できますので、穴を開けたての時には、しっかりとケアを行うようにし、化膿しないように注意してください。

スポンサーリンク